女性や子供が利用しやすい環境になっている事

フロアがきちんと区別されている

日本らしさを出す事が重要です

海外ではビジネスホテルというのはないそうです。

その為、日本特有の文化の一つとも考えられています。
今、多くの海外からの旅行者からもビジネスホテルは大人気のようで、連泊する人も多いみたいです。

ではなぜ一流のホテルではないのでしょうか?
その背景にあるのは、きめ細かい気づかいとおもてなしの心にあると言います。

勿論、宿泊費が安いと言うのも大きく関係しているのですが、それだけではないようです。
部屋の掃除をした際にスタッフ直筆の手紙が置いてあったり、きちんと靴が並べられていたりと一見普通の事に感じる事も海外の人から見たら珍しい事なのです。

他にも一人一人の宿泊者に対して、きちんと名前で呼んだり要望にもなるべく応えるようにしています。
和の雰囲気を感じて貰えるように旅館型のデザイナーズホテルにしたりして日本の文化を体験出来るようにする事が満足度の高さにも繋がっていると思います。

日本文化を体験出来るようにする

ただ、宿泊するだけではなく、多くのビジネスホテルでは、海外の人向けのサービスも展開し始めるようになりました。
その一つが、滅多に体験出来ない日本文化を体験出来るようにする事です。

海外からの旅行者も年々増加傾向にあるので、ビジネスホテルもそのニーズに対応するように進化してきています。
お風呂を温泉風にしたり、部屋着はバスローブではなく浴衣にしたり、フロント横でお茶を飲めるようにしたりと日本でしか出来ないような体験をして貰うようにしています。

和室か洋室か選択させたり、部屋に折り紙を置いたりして日本らしさを出すようにしました。
長期滞在で日本を観光したりする海外の旅行者も多いので、快適に過ごして貰える配慮をするようになりました。